裸眼3DディスプレイNAVI - 映像の仕組みと気になる価格とは?TOP > 種類について > Perspectaとは?

Perspectaとは?

 

あなたは、Perspectaをご存知ですか?

 

こちらでは、体積型ディスプレイの記事の中で少し触れたPerspectaについて、詳しくご紹介しますね。

このPerspectaという装置は、アメリカのActuality Systems社が開発したものです。

 

3Dメガネがなくても立体的に見える表示装置のことです。

 

直径が20インチほどのガラスで出来た半球の内部に、立体映像が表示されるところまでは体積型ディスプレイの記事でお話しました。

 

これは、両眼視差なども不要なもので、これからそのメカニズムをご説明していきますが、専門家でない方には少し分かりにくいかと思います。

 

なので、なんとなく分かって頂ければ大丈夫です。

 

では、ご説明しますね。

 

20インチのガラスの半球内には、直径10インチほどの円形スクリーンがあります。

 

その下にあるプロジェクターから画像がそこに投影され、プロジェクターとスクリーンが一体になって高速回転します。

 

そして、表示される画像はおよそ1度(正確には180/198度となります)ごとに切り替わるようになっています。

 

つまり、コンピューターの側で対象となる形状をもとに、中心軸まわりに198分割したスライス平面上の画像を198枚用意して、角度によって画像を切り替えることで残像から立体的に見えることになっています。

 

お分かりいただけたでしょうか。

 

立体的に見える画像は、ちゃんと右側から見れば物体の右側が、左側から見れば物体の左側が見えるので、本当にガラスの半球内にその物体が存在しているかのように見えるようです。

 

これは、とても画期的な裸眼3Dディスプレイだと思いませんか?

 

種類について記事一覧

分類について

あなたは、3Dディスプレイの分類について何か知っていますか?裸眼3Dディスプレイのメカニズムについてご紹介したいと思いますが、その前に知っていただきたい事がいくつかあるので...

空気のプラズマ発光を利用したものとは?

あなたは、視差障壁を利用したディスプレイの他にも、ディスプレイがあるという事を聞いた事がありますか?現在における裸眼3Dディスプレイは、視差障壁を利用したディスプレイの他に...

体積型のものとは?

あなたは、体積型ディスプレイをご存知ですか?裸眼3Dディスプレイとして分類される中には、これまでご紹介した以外にもまだいくつかの種類があります。そこで今回は、それら...

光線再生型のものとは?

あなたは、光線再生型ディスプレイについてご存知ですか?裸眼3Dディスプレイの各種類をご紹介していますが、今回はその種類の一つである光線再生型のディスプレイについてご紹介して...

Perspectaとは?

あなたは、Perspectaをご存知ですか?こちらでは、体積型ディスプレイの記事の中で少し触れたPerspectaについて、詳しくご紹介しますね。このPerspec...

DepthCubeとは?

あなたは、DepthCubeをご存知ですか?裸眼3Dディスプレイの中でも、異なった毛色であるPerspectaという装置を別の記事でご紹介していますが、ご覧になられたでしょ...