裸眼3DディスプレイNAVI - 映像の仕組みと気になる価格とは?TOP > 仕組みについて > レンチキュラーレンズ方式について

レンチキュラーレンズ方式について

 

あなたは、レンチキュラーレンズ方式について何か知っていますか?

 

裸眼3Dディスプレイにおける視差障壁の二種類のうち、別の記事でその内の一種類であるパララックスバリア方式についてご紹介しました。

そこで今回は、もう一種類である「レンチキュラーレンズ方式」についてご紹介していきますね。

 

このレンチキュラーレンズ方式を理解するためには、パララックスバリア方式についてもう一度読み返していただかないといけませんが、よろしいですか?

 

パララックスバリア方式では、ディスプレイの半分以上が遮蔽板に遮られて黒色となり、見た目の明るさが半分以下になるというのが弱点でしたよね。

 

それを改善するためにレンチキュラーレンズ方式では、単純な遮蔽板と穴もしくは溝ではなく、レンチキュラーレンズというものを用いることで、左右の画素の光を最大限に観る者の視点へと振り向けるようにしました。

 

それによって、明るい3D画像を観ることが出来るというわけです。

 

また、現在では観る者の位置が制約されてしまう問題を解決するために、カメラなどで観察する者の視点を検知して、レンズやバリアを最適な位置に動かす研究も行われています。

 

そう考えると、まだまだ裸眼3Dディスプレイはこの先、進歩する可能性がたくさん残されているという事になりますね。

 

どんな電化製品でも、年月が経つごとにより良く改良されていきますが、この裸眼3Dディスプレイはまだ市場に出て間もない商品なので、今後大いに期待できる商品となっています。

 

仕組みについて記事一覧

最近流行りの3Dについて

あなたは、3Dに興味はありますか?最近よく耳にするようになった3Dですが、あなたはこの3Dについてどのくらいご存知でしょうか。ご年配の方であれば、3Dと言われても何...

パララックスバリア方式について

あなたは、パララックスバリア方式をご存知ですか?別の記事でご紹介した、裸眼3Dディスプレイのメカニズムをご覧になった方は、何となく理解出来たのではないかと思います。...

レンチキュラーレンズ方式について

あなたは、レンチキュラーレンズ方式について何か知っていますか?裸眼3Dディスプレイにおける視差障壁の二種類のうち、別の記事でその内の一種類であるパララックスバリア方式につい...

現在の3D映像について

あなたは、現在の3D映像についてどのように感じていますか?数十年前の3D映像でもごく最近の3D映像でも、実際に見た方なら容易に思い浮かべることが出来るかと思います。...

デジタルサイネージのメリットとは?

あなたは、裸眼3Dディスプレイ搭載デジタルサイネージのメリットを知っていますか?3D映像を裸眼で観ること、これは単なる個人的な娯楽だけにとどまらず、使い道によっては沢山のメ...