裸眼3DディスプレイNAVI - 映像の仕組みと気になる価格とは?TOP > 仕組みについて > パララックスバリア方式について

パララックスバリア方式について

 

あなたは、パララックスバリア方式をご存知ですか?

 

別の記事でご紹介した、裸眼3Dディスプレイのメカニズムをご覧になった方は、何となく理解出来たのではないかと思います。

一般の方は、詳細まで知ろうとしてもなかなか難解で理解するのが大変だと思うので、簡単なメカニズムが分かるだけでも良いと思いますよ。

 

さて、その記事の終わりに、片方ずつの目に異なった映像を見せる技術のことを「視差障壁」と言い、それには二種類あるという事をお話しました。

 

そこで今回は、そのひとつである「パララックスバリア方式」についてご紹介したいと思います。

 

パララックスバリア方式というのは、観察する者の左右それぞれの眼に異なる画素が見えるようにしているものです。

 

表示画素の手前に左右2画素ごとにひとつの穴、もしくは溝を設けた遮蔽板を立てることで、両眼視差を作り出す方式のことを言います。

 

それにより、観察する者は3D眼鏡から開放されるようになります。

 

しかし、それぞれの画素がひとつの穴、もしくは溝を通じて正確に左右2画素を両眼で見えるような正しい位置に居なければ、両眼視差の効果は得られないという弱点がありますね。

 

また、画素の書き換え速度は通常の2D表示と同じで済みますが、左右の画面解像度は半分になるので、見た目の明るさも半分以下になってしまうのも残念な部分になりますね。

 

なので、例えばテレビがパララックスバリア方式の裸眼3Dディスプレイであった場合には、両眼視差の効果が得られる正しい位置に座って、番組を楽しめる人数は少なくなるという事になります。

 

ディスプレイの大きさにもよりますが、家族の人数が多ければ多いほど3Dできちんと見られる人数は少なくなりますね。

 

あなたは、これらパララックスバリア方式について理解できましたでしょうか。

 

仕組みについて記事一覧

最近流行りの3Dについて

あなたは、3Dに興味はありますか?最近よく耳にするようになった3Dですが、あなたはこの3Dについてどのくらいご存知でしょうか。ご年配の方であれば、3Dと言われても何...

パララックスバリア方式について

あなたは、パララックスバリア方式をご存知ですか?別の記事でご紹介した、裸眼3Dディスプレイのメカニズムをご覧になった方は、何となく理解出来たのではないかと思います。...

レンチキュラーレンズ方式について

あなたは、レンチキュラーレンズ方式について何か知っていますか?裸眼3Dディスプレイにおける視差障壁の二種類のうち、別の記事でその内の一種類であるパララックスバリア方式につい...

現在の3D映像について

あなたは、現在の3D映像についてどのように感じていますか?数十年前の3D映像でもごく最近の3D映像でも、実際に見た方なら容易に思い浮かべることが出来るかと思います。...

デジタルサイネージのメリットとは?

あなたは、裸眼3Dディスプレイ搭載デジタルサイネージのメリットを知っていますか?3D映像を裸眼で観ること、これは単なる個人的な娯楽だけにとどまらず、使い道によっては沢山のメ...